JapanScheme

09/06/20 感想 

 その道のスペシャリスト達を生で見て感動。

 和太鼓に吸い込まれた。太鼓欲しい。

 そば天ぷらうまい。

 パチンコ=なぜあれほど人が入るの?

 BMXダンスそれほどお金かからん年中無休で活動できる。スノボは季節限定お金かかるけど参加率高い。何故???

↑UPありがとうございました。 山本さんに借りたスノボーのDVDにルーツが結構収録されていて、まず100年の歴史があること(今の形は75年に生まれて火がついたのは90年代)
サーフィンやスケボーの要素がとても強いこと。もともとスキー層が存在していたこと。
また宇野さんの話にもありましたBMXもそうですが”モノ”をつかっているので企業が大会優勝者に金をたくさん出す+XGAMEで1億5千万人見ている。
ダンスに比べてスリルがある、すぐにうまくなる。力がなくても滑れる。
旅行して非日常的な自然の中でやるから気持ちがいいなどと色んなエレメントがあると思いました。
中山 照章 2009-06-25 (木) 07:09:50


間違えて全体のページへ書き込んでしまいました。

過去の資料が消えてしまったのではないでしょうか?

↑大丈夫です。こっちに移させてもらいました。
日本の陸上界についての現状分析ありがとうございました。
総合型地域クラブに何か他のエレメントを組み込ませることで、日本でも理想から現実にもっていけるかもしれません。
たくさん記載頂いたので色々派生できそうです。ありがとうございました。
中山 照章 2009-06-14 (日) 09:39:12

 日本での陸上競技は野球やサッカーのようなプロ化されているスポーツとはほど遠いアマチュア(学生)スポーツです。企業スポーツもありますが、大半はマラソン・駅伝など長距離競走選手の雇用です。

理由としては日本の陸上競技と世界との競技レベルの差が大きく開いているため企業の広告塔とならないのかな?陸上競技者が目指す目標は4年に一度のオリンピック出場が最大です。唯一メディアに取り上げられる機会もオリンピックくらいではないでしょうか(2年に一度開催される世界陸上はTBSが独占放送権で放映している)。
 
 初期のオリンピックは政治や商業目的ではなく「平和と民族の祭典」として開催されておりプロ選手の参加を禁止していました。
19世紀後半〜20世紀にかけてマスメディア、マスコミュニケーションが飛躍的に発展していき、それを原動力としてオリンピックが世界一のイベントに押し上げられています。
1930年代ドイツで政権を握っていたヒトラーはメディアの力をフル動員し、大会をドイツ民族やナチスの優秀性をアピールするべく巨額の費用を投じています。

スポーツやオリンピックが政治的事業として利用できることが示された大会だったようです。最近ではプロ選手も多く出場しています。

 去年の北京オリンピックで男子短距離を圧倒的な力で制した ウサイン・ボルト選手がいるジャマイカなんかは陸上競技でオリンピックに出場することが唯一富を得るチャンスらしい。
これまでオリンピックを目指す為にはアメリカへ留学してオリンピック出場を目指すしか道がなかったようです。ジャマイカは貧しい国らしくみんながそうやって競技を続ける事ができなかったようですが、近年国や国際陸連が支援するようになりボルトも支援を受けながら練習してきたようです。

 ヨーロッパではプロ選手や全国レベルの選手をトップチームに抱え、同時に子供から高齢者までが同じクラブでスポーツを楽しめる総合型地域クラブなるものがあるようです。
日本でも一部であるみたいですがまだまだ根付いておらずただの理想論となっているみたい。

 ここ数年は日本の競技レベルも上がっており、中には個人でプロ宣言をして活動する選手もいますがかなり稀なケースです。

 国内での大会の運営は地域レベルでは市・県の陸上競技協会(大半が中学・高校で陸上部を指導している先生方?)が行っています。大学生の学生大会では学生自らが大会を運営している。全国クラスの大会は日本陸連と陸上競技用品を提供している企業がスポンサーとして数社かと

   高校・大学(関東圏)時代に競技力のある選手のごく一部が企業と契約をして競技を続けることができるのが現状。
石川県で競技力のある高校生がいても関東圏の大学へ進学する。その為北陸地域の高校生と大学生の競技力を比べると高校生の方が高いこともある(正確な資料はありませんが)。石川県で陸上部を持つ企業は北陸銀行の長距離部ぐらいかと


↑質問を下記2点します。
\仞邯を出ない高校生や大学生にスポーツバーでバイトする権利を与えて、スタッフリストを作成しておき、バーにやってくるお金もちのおじさんや企業が直接本人のスポンサーになるなんて仕組はどうでしょうか?
確立が低い上に、個人対個人になってしまうかもしれませんが。

⊆分も陸上をよくTVで見ますが、短距走などは何度も巻きもどして再生します。スポーツバーで陸上関連をやっても家で一人で見た方がいいという意見の方が多そうでしょうか?
中山 照章 2009-06-15 (月) 05:27:40

 スポーツ競技を考える際に一つ重要なのが指導者の存在です。日本には陸上専門のクラブチームのようなものは無いので高校大学で陸上部を指導する先生が指導者となるケースが大半です。よくフィギュアスケートのニュースでコーチの問題を取り上げていますが、それ程競技者と指導者との関係は重要です。指導者と練習施設が確保できれば可能性はあると思います。

   ヨーロッパでは陸上競技の大会が平日にも行われており、仕事帰りのサラリーマンがビール片手に観戦しているようです。「スポーツというものは清く正しく美しく行うもの」…日本独特の精神論でしょうか?陸上に限らず人間が己の身体を極限まで高め戦う姿を見るのは誰の目にも感動すると思うのですが。    スポーツで言うと小松市はカヌーが有名みたいですね。木場潟で国内の主要大会が行われているみたいです。

↑早いレスポンスと内容についてもありがとう。
そもそも欧州で陸上の大会が頻繁にあるというのは、それだけお金が回っているということなのでしょうか?広告費が結構でるとか。
中山 照章 2009-06-17 (水) 22:10:11


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-03 (火) 00:15:12 (3946d)